オンラインカジノで逮捕者が出た理由

違法

オンカジのプレイヤーから逮捕者が出るという事件

オンラインカジノは、日本国内でプレイしていたとしても、サーバーが海外にあるため、基本的には法律上問題がありません。そのような状況に対応した法律がないためです。しかし、そうは言っても日本はギャンブルを禁止していますので、非常にグレーな部分があります。
実際、2016年には、オンラインカジノに関係している三つの事件が起きました。日本人がオンラインカジノをプレイする上で、心から楽しむことができるのか、それとも法律を気にしなければ楽しむことができないかという大きな分かれ目になる事件なので、とても重要です。しかも、そのうちの一つは、プレイヤーが逮捕されたという事件でした。オンラインカジノをプレイしようと考えているのであれば、一度内容を確認しておいてください。

オンラインカジノで起こった三つの事件

オンラインカジノで起きた事件の一つ目は、日本国内の企業が、日本国内のサーバーを使用してオンラインカジノ運営していたという事件です。これは、プレイヤーが逮捕されたのではなく、運営していた企業が逮捕されました。一般的にオンラインカジノは、運営企業も設置されているサーバーも全て海外に置いてあります。そしてその国の法律で政府から認可されているものだけが正規のオンラインカジノです。日本はカジノが法律上認可されていませんので、日本国内のサーバーでオンラインカジノが運営されているという時点で、完全に違法なのです。
オンラインカジノで起きた事件の2つ目は、オンラインカジノをプレイするためのお金を管理する決済会社が逮捕されたという事件です。この決済会社は、日本国内の会社でした。ギャンブルで取引させるお金を管理しているということは、ギャンブルにも関与しているとみられたためです。大手のオンラインカジノでは普通海外の決済会社を使用しますので、これも、プレイヤーにはあまり関係のない事件かもしれません。もしオンカジで遊ぼうと考えた時に、決済会社が日本のものだった場合は注意が必要だということです。
オンラインカジノで起きた事件の三つ目は、「スマートライブカジノ」というオンラインカジノで起きた事件で、プレイヤーが逮捕されたという衝撃的な内容です。この事件では、プレイヤーが3人逮捕されました。不起訴処分となり、有罪にはなりませんでしたが、オンラインカジノで遊ぶ際には気になる部分ですね。この事件で対象になった「スマートライブカジノ」というカジノは、日本人向けにサービスが溶かされており、ディーラーも日本人、チャットの内容も日本語、そして、自分以外の参加者が賭けているチップの数も確認できるというスタイルのカジノでした。そのため、賭けが行われているということが捜査官の目に留まり、逮捕されてしまったようです。もしカジノで遊ぶ際には、こういったことにも気をつけなければいけません。