ネットカジノで遊んだプレイヤーが摘発された2つの事例

日本国内にいながら魅力的なカジノゲームを楽しめるネットカジノですが、過去にはいくつかネットカジノで遊んだプレイヤーが摘発されたケースがあります。
一部インターネットやテレビなどのニュースでも報道されたことから、ネットカジノのことをあまり知らない方の中には「やっぱりネットカジノは危険だ」「ネットカジノは違法だ」という声もありました。

しかしそれは大きな間違いであり、正しくネットカジノを選ぶことで摘発されることはありません。
そこで今回の記事では、ネットカジノで遊んだプレイヤーが摘発された2つの事例をまとめてみました。
どうして摘発されたのか?その後プレイヤーはどうなったのか?などを詳しくご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

ネットカジノで遊ぶことは禁止されていない

ネットカジノで遊ぶことは禁止されていない
日本でもカジノ合法化に向けて着々と進んでいますが、現段階でランドカジノはもちろんのこと、ネットカジノを運営することも違法です。
しかしそれは国内で運営することが禁止されているだけで、海外に拠点を置くネットカジノで遊ぶのは違法ではありません。
取り締まる法律が無いため、正確には合法でも違法でも無いグレーゾーンですが、ライセンスを所持する合法ネットカジノを選ぶことで摘発される心配はいりません。

ただしライセンスを所持するネットカジノであっても、「日本人特化のネットカジノ」「日本に拠点を置くネットカジノ」には注意が必要です。
実際に起こった2つの事例についてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

スマートライブ事件

スマートライブ事件
スマートライブ事件とは、ネットカジノプレイヤーが初めて摘発された事件です。
しかしスマートライブはライセンスを持ち、またイギリスに拠点を置く合法ネットカジノであるため、どうしてプレイヤーが逮捕されたのか気になるところです。

これは先程ご紹介した「日本人特化のネットカジノ」が関係しており、スマートライブでは日本人ディーラーを採用するなど、日本人専用のテーブルまで用意していました。
日本人専用のテーブルでは、日本語を使ったコミュニケーションが可能で、まさに日本人のために運営していたネットカジノがスマートライブです。

そこで京都府警が「スマートライブの胴元は日本国内にいる」と判断し、SNSやブログ情報から日本人プレイヤー3人を特定して摘発に踏み切りました。
3人に対して略式起訴の罰金刑を言い渡されましたが、その内の1人が罰金刑に納得できず、弁護士を付けて裁判で争った結果、最終的には不起訴となりました。

このようにスマートライブ事件は、警察による「勝手な判断」で摘発された事件であり、不起訴となった以上、ネットカジノで遊ぶことに違法性はありません。
ただし日本人に特化したネットカジノの場合、同じような事件に巻き込まれてしまう恐れがありますので注意が必要です。

ドリームカジノ事件

ドリームカジノ事件
ドリームカジノ事件とは、国内に拠点を置いたネットカジノが摘発された事件です。
大阪四天王寺に拠点を置き、不特定多数の日本人にネットカジノをプレイさせたことで賭博罪が適用されました。

ドリームカジノ自体は、海外政府発行のライセンスを所持しているため、国際的には合法のネットカジノです。
しかしいくらライセンスを所持していようと、日本国内に拠点を置くのは違法行為です。
店舗を構えてネットカジノをプレイさせるインカジ店とは異なりますが、賭博を開帳していることに違いはありません。

ではインカジ店の場合、客も摘発対象になりますが、ドリームカジノで遊んでいたプレイヤーはどうなったのでしょうか?
警察によって顧客リストが押収されたためプレイヤーも特定されましたが、摘発には踏み切らず、電話による指導のみで事なきを得ました。

ドリームカジノのサイト内では、ライセンスを所持し、また拠点も海外の住所が明記されていたため、プレイヤーはある意味騙されていたことになります。
このような事件に巻き込まれてしまわないためにも、世界的に知名度の無いネットカジノの利用は避けるべきです。

まとめ

今回は、ネットカジノで遊んだプレイヤーが摘発された2つの事例についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
スマートライブ事件は、日本人に特化した運営をしていたため、警察に「国内に胴元がいる」と見なされプレイヤーが摘発されてしまいました。

しかしライセンスを所持する合法ネットカジノですし、また実際には海外を拠点にしていたため、ある意味警察の独断による不当な摘発と言えます。
罰金刑を受け入れてしまった2人は前科が付いて可哀相ですが、1人が裁判で争う姿勢を見せて不起訴を勝ち取ったことが全てを物語っています。

そしてドリームカジノ事件も、ライセンスを所持する合法ネットカジノではありましたが、日本を拠点にしていたため完全なる違法行為です。
しかしプレイヤーも騙されていたことから、警察からは指導のみで事なきを得ました。
以上のような事件に巻き込まれてしまわないためにも、ネットカジノで遊ぶ時には、必ず大手のネットカジノを選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です